コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

器質精神病 きしつせいしんびょうorganic psychosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

器質精神病
きしつせいしんびょう
organic psychosis

脳の器質的変化や形態学的変化による精神病(→外因性精神病)。炎症外傷腫瘍変性疾患などが原因になる。おもな症状は,慢性の脳疾患による痴呆を中心とする知的機能の低下や人格の変化である。そのほか,幻覚や妄想の激しい場合もあり,また,脳の病変部が限局されて,それに対応する巣症状が出ることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の器質精神病の言及

【症状精神病】より

…現在では躁鬱(そううつ)状態や分裂病様状態も加えられる。脳に主病変があるものは器質精神病,中毒性疾患は中毒性精神病として区別されるが,症状精神病との間に概念的な混乱をきたすので,これらを包括して身体的基礎のある精神病としてまとめることがある(K.シュナイダー,1950)。【石黒 健夫】。…

※「器質精神病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

器質精神病の関連キーワード心の病気とからだの病気外傷性精神病症状精神病夢幻状態

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android