コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四ツ門きん よつかど きん

1件 の用語解説(四ツ門きんの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

四ツ門きん よつかど-きん

1842-1906 明治時代の公共事業家。
天保(てんぽう)13年生まれ。遠江(とおとうみ)浦川村(静岡県佐久間町)の人。明治18年夫と死別。36年大千瀬川の渡しの不便をうったえて釣り橋架設の願いを郡長に提出。翌年私財を投じて橋を完成させた。錦橋と名づけられたが,人々はおきん橋とよんだ。明治39年10月14日死去。65歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

四ツ門きんの関連キーワード財政再建と公共事業費売間九兵衛筧雄平小宮藤馬鷹野徳右衛門那須田又七福田源兵衛松岡広吉松本清蔵若槻武樹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone