コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郡長 グンチョウ

デジタル大辞泉の解説

ぐん‐ちょう〔‐チヤウ〕【郡長】

郡制施行当時、郡行政をつかさどった長官

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんちょう【郡長】

1878年から1926年までに置かれた地方官吏。1878年の府県官職制によって創設された官職で府県知事によって任命され,身分としては奏任官に位置づけられた。当初は郡内の名望家が任命される例が多かったが,自由民権運動の盛んな地域には,士族あるいは他郡出身者を任じて,弾圧機能を強めた。内務省と知事の監督下に町村を統轄し,上命下達の任に当たったほか,反政府機運の取締りに当たった。府県と町村を結ぶ地方行政の要であり,第一線の官吏として重視されたが,住民の側からは官僚的支配の拠点として憎まれ,府県会では郡長公選建議があいついだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぐんちょう【郡長】

地方自治団体としての郡行政をつかさどった郡の長官。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の郡長の言及

【郡】より

…以後,元禄国絵図・郷帳で確定した郡名・郡域は,天保郷帳でもわずかな変更があっただけで,近世的郡名・郡域として固定されたのである。【黒田 日出男】
[近代]
 1871年(明治4)の大区・小区制の下で旧来の郡は否定されたが,78年の郡区町村編制法によって行政区画として復活し,郡役所と郡長がおかれた。郡長は官選で,府知事・県令の下にあって町村を監督し,もっぱら上命下達にたずさわった。…

※「郡長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

郡長の関連キーワード加賀美嘉兵衛(1)坂本 与惣次郎郡区町村編制法武者 伝二郎三鬼 鑑太郎パイナップル長谷川 敬助永尾 吉三郎小坂 善之助井内 恭太郎中西 光三郎地方自治団体坂本与惣次郎赤松新右衛門朝倉 親為喜多川孝経倉元 要一佐藤 昌蔵宮崎 総五児玉 仲児

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郡長の関連情報