郡長(読み)グンチョウ

  • ぐんちょう ‥チャウ
  • ぐんちょう〔チヤウ〕

世界大百科事典 第2版の解説

1878年から1926年までに置かれた地方官吏。1878年の府県官職制によって創設された官職で府県知事によって命され,身分としては奏任官に位置づけられた。当初は郡内の名望家が任命される例が多かったが,自由民権運動の盛んな地域には,士族あるいは他郡出身者を任じて,弾圧機能を強めた。内務省知事の監督下に町村轄し,上命下達の任に当たったほか,反政府機運の取締りに当たった。府県と町村を結ぶ地方行政の要であり,第一線の官吏として重視されたが,住民からは官僚的支配の拠点として憎まれ,府県会では郡長公選建議があいついだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 郡制施行当時、郡の自治行政をつかさどった長官。
※東京曙新聞‐明治一一年(1878)八月一三日「或県にて今般郡長を置かれるに付ては」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の郡長の言及

【郡】より

…以後,元禄国絵図・郷帳で確定した郡名・郡域は,天保郷帳でもわずかな変更があっただけで,近世的郡名・郡域として固定されたのである。【黒田 日出男】
[近代]
 1871年(明治4)の大区・小区制の下で旧来の郡は否定されたが,78年の郡区町村編制法によって行政区画として復活し,郡役所と郡長がおかれた。郡長は官選で,府知事・県令の下にあって町村を監督し,もっぱら上命下達にたずさわった。…

※「郡長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郡長の関連情報