コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四倉 よつくら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四倉
よつくら

福島県南東部,いわき市の北東部にある地区。旧町名。 1966年近隣市町村と合体していわき市の一部となる。いわき市では,平,小名浜に次ぐ古い町。太平洋沿岸にあり,遠洋漁業基地で,セメント工場がある。海岸一帯は磐城海岸県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四倉
よつくら

福島県いわき市北部の一地区。旧四倉町。江戸時代は陸前(りくぜん)浜街道の宿駅であった。現在、四倉漁港があり、周辺は農村地域であるが、JR常磐(じょうばん)線四ツ倉駅を中心に住宅地化が進行した。国道6号が海岸線に沿って走り、また常磐自動車道の、いわき四倉インターチェンジがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

四倉の関連キーワード住友大阪セメント[株]いわき(市)いわき[市]浅貝動物群鯨岡 兵輔木村 守江常磐炭坑節八茎鉱山常磐線

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四倉の関連情報