コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小名浜 おなはま

7件 の用語解説(小名浜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小名浜
おなはま

福島県南東部,いわき市の一地区。旧町名。 1954年近隣町村と合体して磐城市となり,66年からいわき市の一部。古くは女浜と呼ばれ,のちに小名浜と改められた。江戸時代は茨城県の平潟港とともに東廻海運の良港といわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おなはま〔をなはま〕【小名浜】

福島県いわき市の地名。旧磐城(いわき)市の中心。太平洋に面する国際貿易港、また遠洋漁業の基地。化学工業が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小名浜【おなはま】

福島県いわき市の東南部,太平洋に面した港町。かつては陸奥国磐前(いわさき)郡のうち。江戸時代には磐城地方随一の漁港,年貢米・諸物資移出入の中継商港,東廻海運航路の寄港地として賑わう。
→関連項目福島[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おなはま【小名浜】

陸奥国(福島県)磐前郡の港町。米野村,中島村,中町村,西町村によって構成されており,江戸初期は磐城平藩内藤氏の領内で,磐城七浜随一の漁港として栄え,寛文年間(1661‐73)に書かれた《磐城風土記》によれば漁船100艘,廻船10艘,塩釜8があり,カツオ漁でにぎわったという。また東廻海運が開かれてからは,その寄港地,避難港として重視され浦役人が置かれるに至った。そのため幕府は,1747年(延享4)内藤氏の移封後直轄化し,陣屋を置いて代官を配置し支配した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おなはま【小名浜】

福島県いわき市の一地区。太平洋に臨む漁港・工業港で、化学工業が盛ん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕小名浜(おなはま)


福島県いわき市南東部の港湾・工業地区。1954年(昭和29)から1966年(昭和41)まで存続した旧磐城(いわき)市の中心地区。江戸時代、奥州(おうしゅう)と江戸を結ぶ東廻(ひがしまわり)海運の風待ち港で、近代には常磐(じょうばん)炭田の石炭積み出し港として繁栄。小名浜港東北地方の太平洋岸屈指の重要港湾で、金属・化学工場や流通施設が立ち並ぶ。漁港としても重要。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小名浜
おなはま

福島県南東部、いわき市の一地区。旧小名浜町。江戸時代の初めから四倉(よつくら)と並ぶ大浜であり、寛文(かんぶん)年間(1661~1673)に始まった東廻(まわり)海運の港として貢租米の積み出しでにぎわった。江戸末期には石炭の積み出しも行った。現在は重要港湾、国際貿易港に指定されている。漁港区と商港区に分かれ、漁港での水揚げ高は県内一。貿易港としては、セメント、尿素などを輸出、原木、原油などを輸入している。付近は化学工業などの工場が立地している。港の二号埠頭に水族館「アクアマリンふくしま」がある。[原田 榮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小名浜の言及

【いわき[市]】より

…市域は主として花コウ岩類よりなる阿武隈高地に属する山地部と,第三系よりなる丘陵地および夏井川,藤原川,鮫川などの下流域にある沖積地を含む低地部からなり,東は太平洋に臨む。この市域は旧石城郡の全域と双葉郡の一部を含む広大な地域のため,近世には岩城氏の城下町としての平(磐城平),港町としての小名浜,四倉,江名,低地部の稲作を主とする農村,山地部の農林業地域と多彩な性格を有していた。幕末における常磐炭田の開発と明治以降の常磐線(1897),磐越東線(1915)の開通などにより,平には商業・行政機能が集中し,湯本,内郷などには炭鉱集落が形成され,小名浜,勿来には工業が発達した。…

※「小名浜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小名浜の関連キーワード磐城国港町伊能陸奥国紙北海道松前郡福島町福島北海道松前郡福島町三岳北海道苫前郡羽幌町港町北海道松前郡福島町吉野福島県伊達市保原町磐前通陸奥国府

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小名浜の関連情報