コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四元素論 よんげんそろんFour elements theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四元素論
よんげんそろん
Four elements theory

ギリシア哲学前期,ミレトス派の哲学者らは,世界の多様な現象の根底に存在する自然の原理 archēを探究した (→アルケ ) 。タレスは水を,アナクシマンドロスは水,空気,火,土のさらに根源としてト・アペイロン (限定なきもの) を,アナクシメネスは空気を措定した。彼らがともかく根源的なものとした土,水,空気,火は,初めてエンペドクレスによって互いに独立で他から導出されることのない永遠の四元,すなわち万物の4つの根として立てられ,この四元が愛と争いの原理によって結合,分離し,事物の生成変化が生じるとされた。 (→五大 , 四大〈しだい〉 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

四元素論の関連キーワード四大

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android