四大文明(読み)ヨンダイブンメイ

デジタル大辞泉「四大文明」の解説

よん‐だいぶんめい【四大文明】

エジプト文明メソポタミア文明インダス文明黄河文明の四つ。それぞれ、ナイルチグリスユーフラテスインダス黄河といずれも大河流域に発生し、都市・階級・文字・国家を生んだ。
[補説]日本や中国などで一般的な概念だが、世界的にはこの四文明のみを特別視する考え方は少ない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳「四大文明」の解説

四大文明

▽エジプト文明(ナイル川流域)、メソポタミア文明(チグリス・ユーフラテス川流域)、インダス文明(インダス川流域)、黄河文明(黄河流域)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android