コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万里集九 ばんりしゅうく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万里集九
ばんりしゅうく

室町時代中期の臨済宗僧。万里は字,集九 (周九) は諱。号は梅花無尽蔵,また漆桶叟。幼時から相国寺の玉竜庵にいたが,応仁1 (1467) 年を避けて近江,美濃,尾張を歴遊し,帰京後,横川景三 (おうせんけいさん) ,景徐周麟に従い,また妙心寺の悟渓宗頓,東陽英朝師事した。五山文学者として知られ,詩文集に『梅花無尽蔵』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

万里集九【ばんりしゅうく】

室町中期の臨済宗一山派の僧。応仁の乱還俗して漆桶万里(しっとうばんり)と称した。1480年美濃に梅花無尽蔵(ばいかむじんぞう)と号する庵を結び,美濃守護代斎藤氏一族の援助を得て三体詩や東坡詩を講じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

万里集九 ばんり-しゅうきゅう

1428-? 室町-戦国時代の僧,漢詩人。
正長(しょうちょう)元年9月9日生まれ。臨済(りんざい)宗。京都相国(しょうこく)寺の大圭宗价(そうかい)にまなぶ。応仁(おうにん)の乱後,還俗(げんぞく)して漆桶(しっつう)万里と称し,のち美濃(みの)(岐阜県)承国寺にすむ。文明17年(1485)太田道灌(どうかん)にまねかれ,江戸にでた。五山文学後期の代表的詩人。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓は速水(はやみ)。号は梅花,梅庵。著作に詩文集「梅花無尽蔵」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

万里集九

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:正長1.9.9(1428.10.17)
室町時代の臨済禅の僧,漢詩人。のちに還俗し,漆桶万里と称した。梅庵,椿岩とも号す。近江国(滋賀県)安曇郡に生まれ,俗姓,速水氏。相国寺雲頂院,大圭宗价の弟子となり,雲章一慶 ら当代一流の学僧の講席に連なり学芸を身につけた。応仁1(1467)年相国寺が兵火にかかり,近江,美濃,尾張を転々とする。このころ妻をめとり,2子をもうけた。文明12(1480)年美濃国鵜沼(岐阜県各務原市)に梅花無尽蔵という庵を構え定住し,詩作に励み,また守護代斎藤氏の依頼で『三体詩』の講義を行った。同17年,武蔵国江戸城主,大田道灌(資長)の招きに応じ,その庇護を受けた。道灌が暗殺されたのち,長享3(1489)年美濃に帰り,このあとも盛んに詩作,講義を行った。詩文集『梅花無尽蔵』は自らの作を年代順に編集,注を加えたもので,その見聞の記録は歴史史料としても貴重である。<参考文献>玉村竹二編『五山文学新集』6巻

(原田正俊)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばんりしゅうく【万里集九】

1428(正長1)‐?
室町中期の臨済宗一山派の僧。はじめ聖一派の人。蔵主の位までのぼったが応仁の乱後に還俗して漆桶万里(しつとうばんり)と称した。乱をのがれて美濃鵜沼に退き,庵を結び〈梅花無尽蔵〉と号す。これにちなんで別称を梅庵,椿岩,梅花無尽蔵漆桶子という。妻帯して2子があった。美濃では承国寺,正法寺を中心とする文雅の席に交わる。生活の資は美濃守護代斎藤氏一族の援助と,諸方で三体詩や東坡詩を講じた謝礼などによったらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万里集九
ばんりしゅうく
(1428―?)

室町中・後期の漢詩人。俗姓は速水(はやみ)氏。禅僧として臨済宗一山派に属したが、応仁の乱後に還俗(げんぞく)して美濃国鵜沼(うぬま)を本拠とし、庵室の梅花無尽蔵(ばいかむじんぞう)を構えた。別に梅庵、椿岩(ちんがん)とも号した。瑞渓周鳳(ずいけいしゅうほう)や一華建(いちげけんぷ)への従学、横川景三(おうせんけいさん)や桃源瑞仙(とうげんずいせん)などの文筆僧との交遊、長男の千里瑞翼(せんりずいよく)と次男の百里等京(ひゃくりとうけい)の誕生や鵜沼を本拠とする還俗生活、太田道灌(おおたどうかん)の招請による関東下向などが注目される。著作には抄物(しょうもの)『天下白(てんかはく)』、『帳中香(ちょうちゅうこう)』、『暁風集(ぎょうふうしゅう)』のほか、詩文集『梅花無尽蔵』がある。[朝倉 尚]
『中川徳之助著『万里集九』(1997・吉川弘文館) ▽市木武雄著『梅花無尽蔵注釈 全6巻』(1993~98・続群書類従完成会) ▽市木武雄・梅田薫著『万里集九著「梅花無尽蔵」の世界』(2005・鵜沼歴史研究会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

万里集九 (ばんりしゅうく)

生年月日:1428年9月9日
室町時代の臨済宗の僧;漢詩人;相国寺雲頂院;大圭宗价の弟子
?年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の万里集九の言及

【梅花無尽蔵】より

…室町中期の禅僧万里集九(ばんりしゆうく)の詩文集。7巻。…

※「万里集九」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

万里集九の関連キーワード上杉房定戦国時代四河入海生年月日江馬氏

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万里集九の関連情報