四畳半趣味(読み)ヨジョウハンシュミ

大辞林 第三版の解説

よじょうはんしゅみ【四畳半趣味】

待合などの小部屋で、芸者などを相手に酒を飲むことを好む趣味。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よじょうはん‐しゅみ よデフハン‥【四畳半趣味】

〘名〙 待合などの粋な小部屋で、楽しみながら酒を飲んだりする趣味。〔訂正増補新らしい言葉の字引(1919)〕
※春城随筆(1926)〈市島春城〉趣味談叢「茶人の趣味は之に反して四畳半趣味である、人工の美を欲せずして天然美を欲する、即ち雪を楽み、月を愛し、花を賞するといふのが、其の趣味である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android