コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

待合茶屋 まちあいぢゃや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

待合茶屋
まちあいぢゃや

一般に待合と略称される。花街における貸席業をいう。江戸時代に,街頭の簡易休憩所であった水茶屋から発展して会合や待合せに利用する貸席として出現したが,明治以降は芸者との遊興を目的とするところと変質して発展,増加した。現在では風俗営業等取締法 (昭和 23年法律 122号) に基づく各都道府県の施行条例によって規制されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まちあい‐ぢゃや〔まちあひ‐〕【待合茶屋】

待ち合わせや会合のために席を貸すことを業とした茶屋。明治以降は、主として客と芸者に席を貸して遊興させる所。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まちあいぢゃや【待合茶屋】

待ち合わせや男女の密会、客と芸妓の遊興などのための席を貸し、酒食を供する店。待合。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の待合茶屋の言及

【茶屋】より

…徳川幕府は茶屋や茶屋女を取り締まり,延宝(1673‐81)以後おもに数量規制で対処したが,実効は薄かった。料理茶屋の多くは貸席的性格をもっていたが,その中から貸席専業の待合茶屋,席貸(せきがし)が現れ,さらに男女の密会を専門とする出合茶屋(または盆屋(ぼんや))が分岐した。遊郭には編笠茶屋,引手茶屋があり,茶屋と略称されることがあった。…

【船宿】より

…江戸では,浅草御門から柳橋周辺の河岸,日本橋,江戸橋近辺の河岸を中心に,今戸橋,山谷河岸,本所,深川などに散在し,納涼,花見などの船を出すほか,その座敷は男女の密会や,酒宴の場として使われた。さらに,吉原通いに猪牙船(ちよきぶね)を仕立てることが有名なように,船宿では遊客のためのさまざまな便宜をはかり,実際には待合茶屋,出合茶屋としての機能を果たしていた。【玉井 哲雄】。…

【待合】より

…貸席業としての待合は,江戸時代の待合茶屋を起源とする。待合茶屋は,商人の寄合いや旅人の送迎など,本来の待合せに利用する茶屋であったが,明治初年以後は花柳街における芸者との遊興場所として急成長した。…

※「待合茶屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

待合茶屋の関連情報