コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四種三昧 シシュザンマイ

大辞林 第三版の解説

ししゅさんまい【四種三昧】

〘仏〙「摩訶止観」に説く天台宗の教説。三昧をその動作によって常坐三昧・常行三昧・半行半坐三昧・非行非坐三昧の四つに分けたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の四種三昧の言及

【常行三昧】より

…つねに行道(ぎようどう)して修行する三昧(さんまい)という意。四種三昧の一つ。三昧とは心を不動にして宗教的瞑想の境地を深めること。…

※「四種三昧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四種三昧の関連キーワード法華三昧摩訶止観常行堂三昧堂題目円仁四つ教説覚運