四種三昧(読み)シシュザンマイ

大辞林 第三版の解説

ししゅさんまい【四種三昧】

〘仏〙「摩訶止観」に説く天台宗の教説。三昧をその動作によって常坐三昧・常行三昧・半行半坐三昧・非行非坐三昧の四つに分けたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ししゅ‐さんまい【四種三昧】

〘名〙 仏語。天台宗で修行する四種の三昧。常坐三昧・常行三昧・半行半坐三昧・非行非坐三昧の総称。
※観智院本三宝絵(984)下「四種三昧の中には半行半座三昧となづけたり」 〔摩訶止観‐二・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の四種三昧の言及

【常行三昧】より

…つねに行道(ぎようどう)して修行する三昧(さんまい)という意。四種三昧の一つ。三昧とは心を不動にして宗教的瞑想の境地を深めること。…

※「四種三昧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android