常行三昧(読み)じょうぎょうざんまい

  • じょうぎょうさんまい ジャウギャウ‥
  • じょうぎょうざんまい〔ジヤウギヤウ〕

世界大百科事典 第2版の解説

つねに行道(ぎようどう)して修行する三昧(さんまい)という。四種三昧の一つ。三昧とは心を不動にして宗教的瞑想境地を深めること。四種三昧とはそのために行う常坐三昧常行三昧,半行半坐三昧,非行非坐三昧のこと。常行三昧は元来,《般舟三昧経(はんじゆざんまいきよう)》によったもので,おおむね5間(約9m)四方常行三昧堂(常行堂)に阿弥陀仏を本尊として安置し,90日間にわって口に阿弥陀仏の名を唱えながら,そのまわりを歩きつづけて,つねに仏を念じ,心に極楽浄土や仏の三十二相などを浮かべる修行である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

天台宗の摩訶止観まかしかんに説く四種三昧の一。般舟三昧経はんじゆさんまいきように基づき、90日間、道場内で阿弥陀仏を念じて仏像の周囲を歩き回る。それによって諸仏が堂内に立ち並ぶのを見ることができるという。平安時代、浄土信仰の高まりにつれて重視されるようになった。仏立三昧。般舟三昧。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。摩訶止観の四種三昧(ししゅさんまい)の一つ。天台宗で、九〇日間を一期として、その間、飲食、大小便、乞食などのほかは堂内にあって、常に阿彌陀仏の像のまわりを歩きつつ、その名を唱え心に彌陀を念ずる三昧。常行。
※観院本三宝絵(984)下「四種三昧の中には常行三昧となづく」
※太平記(14C後)二四「常行三昧(じゃうぎゃうさんマイ)の念仏の音」 〔摩訶止観‐二上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の常行三昧の言及

【念仏】より

…智光曼荼羅,当麻(たいま)曼荼羅などがそれである。平安時代初期に最澄の弟子円仁(えんにん)が,唐の法照(ほつしよう)がはじめた五会(ごえ)念仏の流れをくむ五台山念仏三昧法を比叡山に移し,常行三昧(じようぎようざんまい)を修したが,五会念仏は5種の音声からなる音楽的な称名念仏であった。常行三昧は不断念仏といわれ,各地に普及したが,比叡山の不断念仏は〈山の念仏〉として有名となった。…

【例時作法】より

…常用の〈例時作法〉はその中間の形であるが,自行(じぎよう)から出発した法要であるために,各自の行の統一者の意味で導師を調声(ちようせい)と称する。なお,現在では自行でない寺事(てらごと)としての〈例時作法〉は,〈常行三昧(じようぎようざんまい)〉と称することが多い。【横道 万里雄】。…

※「常行三昧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android