コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三昧 サンマイ

デジタル大辞泉の解説

さんまい【三昧】

[名]《〈梵〉samādhiの音写。三摩提・三摩地とも音写。定・正定・等持などと訳す》
仏語。心を一つの対象に集中して動揺しない状態。雑念を去り没入することによって、対象が正しくとらえられるとする。
三昧場(さんまいば)」の略。
[接尾]《「ざんまい」の形で多く用いられる》名詞または形容動詞の語幹に付く。
ともすればその傾向になるという意を表す。「刃物三昧に及ぶ」
そのことに熱中するという意を表す。「読書三昧の暮らし」
心のままにするという意を表す。「ぜいたく三昧な生活」

ざんまい【三昧】

[接尾]さんまい(三昧)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

三昧【さんまい】

サンスクリット,サマーディの音写。三摩提(さんまだい)。定(じょう)・等(とうじ)と訳。心を一ヵ所に定めて動かさず(定),平静に保つ(等持)こと。仏教では禅定(ぜんじょう)と同様に重要視する。
→関連項目三昧堂

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんまい【三昧】

仏教の修行において重要視される特殊な集中心。〈ざんまい〉ともいう。サンスクリットのサマーディsamādhiの音訳で,三摩地(さんまじ),三摩提(さんまだい)とも音訳される。意訳は等持(とうじ)あるいは定(じよう)。禅定を修する際,ある一つの対象に対して,まっすぐ平等に働き(等持),他の対象に気が移ったり乱れたりしないこころの状態(定)をいう。この意味から,勉強三昧,仕事三昧などというように日常用語として用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんまい【三昧】

[0] ( 名 )
〘仏〙 心を一つのものに集中させて、安定した精神状態に入る宗教的な瞑想。また、その境地。三摩地。三摩提。定。正受。等持。
「三昧場さんまいば」の略。 「都の外、七所の-をめぐりぬ/鉢扣辞」
( 接尾 )
連濁により「ざんまい」となることが多い。名詞または形容動詞の語幹に付く。
ともするとその傾向になるという意を表す。 「刃物-に及ぶ」
その事に熱中するという意を表す。 「読書-に明け暮れる」
心のままにするという意を表す。 「ぜいたく-な生活」

ざんまい【三昧】

( 接尾 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三昧
さんまい

サマーディ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三昧
さんまい

サンスクリット語のサマーディsamdhiの音写で、三摩提(さんまだい)、三摩地(さんまじ)とも音写し、定(じょう)、正受(しょうじゅ)などと漢訳する。原意は「心を一か所にまとめて置くこと」をいい、これが心を一つの対象に集中し散乱させないという、高度の精神状態に達する方法を意味するものとなった。古代インドでは解脱(げだつ)する手段として種々の方法が考えられたが、ヨーガの修行法は古くから行われ、ヨーガ学派はその極地を三昧とした。
 仏教では三昧は重視され、禅(ディヤーナdhyna)と並んで修行法の中心となった。『般舟(ばんじゅ)三昧経』や『首楞厳(しゅりょうごん)三昧経』のように、三昧を説くことを主目的とする経典も数種ある。三昧はヒンディー語では墓所の意味もある。日本では地方によっては墓地を三昧というが、この場合には「ざんまい」と読む。なお、仏教語の三昧が一般にも浸透し、「読書三昧」「道楽三昧」などというように、なにかに夢中になっていることを「~三昧(ざんまい)」という。[田上太秀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三昧の言及

【学侶】より

…いずれも最高位の検校(けんぎよう)にまで昇進できる。学侶の位階は大法師,入寺,三昧,山籠,阿闍梨と進むが,﨟次(ろうじ)に従うのを原則とし,途中学道3年目から加入するのを横入(おうにゆう)と称した。﨟次に応じて年俸や供料がついた。…

【観念】より

イデー概念表象【杖下 隆英】
[仏教語としての〈観念〉]
 仏教語としては真理や仏名や浄土などに心を集中し,それを観察して思い念ずること。仏教ではもともと三昧(さんまい)を追求することが基本となっている。三昧とは禅定(ぜんじよう)ともいわれ,心を集中して心が安定した状態に入ることである。…

【三昧聖】より

…三昧(墓所)の庵室に居住し,火葬や埋葬,墓所の管理などにあたった俗聖。一般に墓守,御坊(おんぼう)(隠坊)などと称される。…

【常行三昧】より

…つねに行道(ぎようどう)して修行する三昧(さんまい)という意。四種三昧の一つ。…

※「三昧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三昧の関連キーワード二十五三昧式嵯峨の尼物語法華三昧堂風間 直得良祐(1)四種三昧首楞厳経贅沢三昧三解脱門楜澤愛莉刃物三昧木下笑風香光荘厳法華懺法般舟三昧一行三昧常行三昧三三昧五三昧三昧派

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三昧の関連情報