コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回内筋症候群 かいないきんしょうこうぐんpronator syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回内筋症候群
かいないきんしょうこうぐん
pronator syndrome

正中神経が円回内筋部で絞扼されて生じる神経麻痺。回内筋には円回内筋と方形回内筋の2つがあって,回内運動 (前腕を差出して手のひらを下に向けるように前腕をねじる運動) を受持っており,いずれも正中神経の支配を受けているため,正中神経の働きが阻害されるとおもに母指と示指の屈曲障害,知覚障害が現れる。原因は潜在的な外傷のことが多い。治療は,患部の安静を2~3ヵ月保たせて,効果がなければ手術で神経の絞扼を取除く。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android