安静(読み)アンセイ

  • 安静 あんせい

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
安らかで落ち着いていること。また、そのさま。
「従順な―な心になって行くのであった」〈石川達三・蒼氓〉
病気治療のため、静かに寝ていること。「絶対安静

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
やすらかで落ち着いている・こと(さま)。 和平-なる心なり/西国立志編 正直
病気などを療養するために、心身を休めて静かにしていること。 絶対-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (形動) 安らかで静かなこと。静かに落ち着くこと。また、そのさま。
※家伝(760頃)下「朝庭上下安静、国無
※談義本・教訓乗合船(1771)五「江海船を、くつがへし、大行の途車を砕くといへども、人の心に比すれば、安静(アンセイ)なり」 〔管子‐内業〕
② (病気を治すため)体をあまり動かさないで、静かに寝ていること。
※不如婦(1898‐99)〈徳富蘆花〉中「安静(アンセイ)にして療養の功を続けなば、快復の望あり」
江戸前期の俳人。荻田氏また荻野氏。貞徳直系の俳人の一人。和歌もたしなみ、能書家でもあった。編著「けふの細布」「鄙諺集」「如意宝珠」。寛文九年(一六六九)没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安静の関連情報