コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回夫慶文 かいふ きょうもん

1件 の用語解説(回夫慶文の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

回夫慶文 かいふ-きょうもん

?-1524 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。駿河(するが)(静岡県)洞慶院の大巌宗梅(たいがん-そうばい)に師事して蔵主(ぞうす)をつとめ,のち首座となる。延徳3年(1491)駿河川根に智満寺をひらいた。大永(たいえい)4年4月20日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

回夫慶文の関連キーワードガマ繰り上げ償還の特例措置新韓銀行グラナダ泰山アグリコラ犬筑波集ドイツ農民戦争ビヒザードホルバイン[一族]

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone