コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回転レシーブ かいてんレシーブ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回転レシーブ
かいてんレシーブ

バレーボールレシーブ技術の一つ。肩から前に倒れながらボールを受け,身体を1回転させて立つ。レシーブ後の体勢をすばやく整えるのに有利。大松博文監督率いる日紡貝塚チームが始めたもので,1964年東京オリンピック競技大会で全日本代表チームもこれを採用して優勝,以後世界的に普及した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいてん‐レシーブ〔クワイテン‐〕【回転レシーブ】

バレーボールで、取りにくい位置に飛んできたボールを、飛びつきながら回転動作をともなってレシーブすること。柔道の受け身を取り入れたもの。素早く体勢を立てなおすことができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいてんレシーブ【回転レシーブ】

バレー-ボールで、打ち込まれたボールを受けたあと体を前方・後方・側方に回転させて体勢を立て直すレシーブ方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

回転レシーブの関連キーワードバレーボールの用語大松 博文中村昌枝バレー後方側方前方

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

回転レシーブの関連情報