コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大松博文 だいまつひろふみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大松博文
だいまつひろふみ

[生]1921.2.12. 香川,宇多津
[没]1978.11.24. 岡山,井原
バレーボール監督。 1941年関西学院大学高等商業学部卒業後,女子バレーボールの日紡貝塚の監督に就任。 1958年初めて6人制バレーボールを取り入れ,1963年以後同チームは 175連勝を記録。 1964年の東京オリンピック競技大会では全日本女子チームを率いて優勝した。 1968年参議院議員。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大松博文【だいまつひろふみ】

全日本女子バレーボール・チーム監督。香川県出身。関学高商(現,関西学院大学)バレーボール部時代,全日本総合で2度優勝。卒業後大日本紡績(現,ユニチカ)に入社,入隊出征を経て1953年女子バレー日紡貝塚チーム監督に就任,1964年に辞任するまで175連勝を記録。
→関連項目ママさんバレー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大松博文 だいまつ-ひろふみ

1921-1978 昭和時代後期のスポーツ指導者。
大正10年2月12日生まれ。昭和16年大日本紡績(日紡,現ユニチカ)に入社。28年日紡貝塚バレーボール部監督となり,鬼の大松といわれるきびしい練習で175連勝を記録。全日本女子チームの監督として,37年世界選手権優勝,39年東京五輪優勝を達成した。43年参議院議員(自民党)。昭和53年11月24日死去。57歳。香川県出身。関西学院高商卒。
【格言など】自分を信じてついてきてもらいたい(「強者の行動訓」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だいまつひろふみ【大松博文】

1921‐78(大正10‐昭和53)
オリンピック東京大会女子バレーボール・チーム監督。香川県綾部郡宇多津町出身。関学高商(現,関西学院大学)バレーボール部の全盛時代を担い,全日本総合で2度優勝。卒業後ニチボー(現,ユニチカ)に入社し,途中入隊出征を経てニチボー本社復帰。1954年ニチボーの統一チームが貝塚工場に結成され監督に就任,64年末に監督を辞すまで175連勝の記録をつくる。58年国内四大タイトル(全日本総合,全日本実業団,都市対抗,国民体育大会)を独占,60年第3回世界選手権(ブラジル)に日紡貝塚主体の日本チームが6人制の国際試合としては初参加し,準優勝。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大松博文の関連キーワードバレーボールの用語東京オリンピック回転レシーブ河西昌枝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android