コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大松博文 だいまつひろふみ

4件 の用語解説(大松博文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大松博文
だいまつひろふみ

[生]1921.2.12. 香川,宇多津
[没]1978.11.24. 岡山,井原
バレーボールの監督。 1941関西学院大学高等商業学部卒業後,女子バレーボールの日紡貝塚の監督に就任。 1958年初めて6人制バレーボールを取り入れ,1963年以後同チームは 175連勝を記録。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大松博文【だいまつひろふみ】

全日本女子バレーボール・チーム監督。香川県出身。関学高商(現,関西学院大学)バレーボール部時代,全日本総合で2度優勝。卒業後大日本紡績(現,ユニチカ)に入社,入隊出征を経て1953年女子バレー日紡貝塚チーム監督に就任,1964年に辞任するまで175連勝を記録。
→関連項目ママさんバレー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大松博文 だいまつ-ひろふみ

1921-1978 昭和時代後期のスポーツ指導者。
大正10年2月12日生まれ。昭和16年大日本紡績(日紡,現ユニチカ)に入社。28年日紡貝塚バレーボール部監督となり,鬼の大松といわれるきびしい練習で175連勝を記録。全日本女子チームの監督として,37年世界選手権優勝,39年東京五輪優勝を達成した。43年参議院議員(自民党)。昭和53年11月24日死去。57歳。香川県出身。関西学院高商卒。
【格言など】自分を信じてついてきてもらいたい(「強者の行動訓」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

だいまつひろふみ【大松博文】

1921‐78(大正10‐昭和53)
オリンピック東京大会女子バレーボール・チーム監督。香川県綾部郡宇多津町出身。関学高商(現,関西学院大学)バレーボール部の全盛時代を担い,全日本総合で2度優勝。卒業後ニチボー(現,ユニチカ)に入社し,途中入隊出征を経てニチボー本社復帰。1954年ニチボーの統一チームが貝塚工場に結成され監督に就任,64年末に監督を辞すまで175連勝の記録をつくる。58年国内四大タイトル(全日本総合,全日本実業団,都市対抗国民体育大会)を独占,60年第3回世界選手権(ブラジル)に日紡貝塚主体の日本チームが6人制の国際試合としては初参加し,準優勝。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大松博文の関連キーワード冬季オリンピックオリンピックの歌国際バレーボール連盟ワールドグランプリ女子バレーボール大会グラチャンバレーオリンピック村オリンピック種目夏季オリンピック札幌オリンピック長野オリンピック

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大松博文の関連情報