回転半径(読み)かいてんはんけい

精選版 日本国語大辞典「回転半径」の解説

かいてん‐はんけい クヮイテン‥【回転半径】

〘名〙 あるのまわりの剛体回転と同等の効果を表わすような、剛体と質量の等しい質点の、その軸のまわりの回転の半径

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の回転半径の言及

【慣性モーメント】より

Mは物体の質量で,この関係を平行軸の定理という。IMκ2とおいてκを回転半径と呼ぶこともある。半径aの一様な球の直径のまわりの回転半径はに,接線のまわりの回転半径はに等しい。…

※「回転半径」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android