コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因幡堂縁起 イナバドウエンギ

デジタル大辞泉の解説

いなばどうえんぎ〔いなばダウエンギ〕【因幡堂縁起】

鎌倉後期の絵巻。作者未詳。因幡の国司橘行平が夢のお告げ海中から引き上げた薬師如来像を本尊として因幡堂を創立した由来を描いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いなばどうえんぎ【因幡堂縁起】

絵巻の一。鎌倉時代の作。作者未詳。因幡国国司橘行平が旅の途中病にかかり薬師如来の霊験で快癒し、これを本尊として建立した因幡堂の由来を描いたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

因幡堂縁起
いなばどうえんぎ

絵巻、1巻。京都・烏丸高辻(からすまたかつじ)の因幡堂(平等寺)草創の縁起を説いたもの。997年(長徳3)因幡国(鳥取県)の国司橘行平(たちばなゆきひら)が任地から帰京の途中、同国一宮(いちのみや)で病臥(びょうが)し、夢のお告げで賀留津(かるつ)の海中から三国伝来の薬師如来(やくしにょらい)像を引き上げ、仮堂に安置して京に帰った。ところが、その後6年を経て薬師如来像が後を追って行平邸に飛来したので、これを本尊として因幡堂を創立した由来を描いている。鎌倉時代(14世紀)の作で、大和絵(やまとえ)の系統を引く古風な趣(おもむき)を備えている。東京国立博物館蔵。[村重 寧]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

因幡堂縁起の関連キーワード因幡薬師鎌倉時代賀露霊験

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android