因幡堂(読み)イナバドウ

デジタル大辞泉の解説

いなば‐どう〔‐ダウ〕【因幡堂】

因幡薬師のこと。
狂言。酒好きの女房を離縁した男が因幡堂へ妻乞いに行ったところ、だまされて前の女房と再び祝言の杯をあげてしまうという筋。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いなばどう【因幡堂】

京都市下京区にある真言宗の寺、平等寺の俗称。木像の薬師如来像・如意輪観音像がある。薬師参りで知られる。因幡薬師。
狂言の一。酒癖の悪い女房を離縁した男が、因幡堂の夢のお告げで新しい妻を得るが、杯を交わして被衣かずきを取ると、前の女房だったという筋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いなば‐どう ‥ダウ【因幡堂】

[一] 京都市下京区因幡堂町にある真言宗智山派の寺、平等寺俗称木像の薬師如来像、如意輪観音像は国宝。「薬師参り」で知られる。因幡薬師。
[二] 狂言。各流。大酒飲みの女房を離縁して、因幡堂にこもった男が、薬師の夢のお告げで新しい女房を授かって連れ戻ったが、その女は実はもとの女房であり、怒って男を追い込む。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

因幡堂の関連情報