コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因幡堂 イナバドウ

デジタル大辞泉の解説

いなば‐どう〔‐ダウ〕【因幡堂】

因幡薬師のこと。
狂言。酒好きの女房を離縁した男が因幡堂へ妻乞いに行ったところ、だまされて前の女房と再び祝言の杯をあげてしまうという筋。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いなばどう【因幡堂】

京都市下京区にある真言宗の寺、平等寺の俗称。木像の薬師如来像・如意輪観音像がある。薬師参りで知られる。因幡薬師。
狂言の一。酒癖の悪い女房を離縁した男が、因幡堂の夢のお告げで新しい妻を得るが、杯を交わして被衣かずきを取ると、前の女房だったという筋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

因幡堂の関連キーワード六地蔵(狂言)狂言現行曲一覧せびらかす因幡堂縁起小芝居お告げ動かす平等寺三如来真言宗女物賀露俗称酒癖狂言木像真超

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android