平等寺(読み)びょうどうじ

精選版 日本国語大辞典の解説

びょうどう‐じ ビャウドウ‥【平等寺】

京都市下京区因幡堂町にある真言宗智山派の寺。山号は福聚山。長保五年(一〇〇三)橘行平が自宅を寺としたもの。本尊の薬師如来立像は因幡国で行平が海中から引き上げたといわれ、善光寺の阿彌陀如来像、清凉寺(釈迦堂)の釈迦如来立像とともに日本三如来の一つ。因幡堂。因幡薬師。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平等寺の関連情報