コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真言宗智山派 しんごんしゅうちざんは

百科事典マイペディアの解説

真言宗智山派【しんごんしゅうちざんは】

真言宗から分かれた新義真言宗の一派で真言宗豊山(ぶざん)派と並ぶ。宗祖覚鑁(かくばん)は真言宗の教義に念仏を加味し,高野山の大伝法院にあって布教に努めたが,その教勢が高野本山をしのいだため紛争を生じ,1140年円明寺を開いて分立した。
→関連項目大正大学頼瑜

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の真言宗智山派の言及

【新義真言宗】より

…高野山を拠点とする空海以来の真言宗(古義真言宗)に対し,紀州根来(ねごろ)寺に拠った覚鑁(かくばん)を宗祖とする一派。現在は京都智積(ちしやく)院を本山とする真言宗智山派と,奈良県桜井市の長谷寺を本山とする真言宗豊山(ぶざん)派が二大宗派で,根来寺は別に新義真言宗本山を称する。 平安時代末期の僧興教大師覚鑁は,肥前国に生まれ,仁和寺,興福寺,東大寺を経て高野山に登り,鳥羽上皇の絶大な信任を得て,1132年(長承1)山上に大伝法院,密厳(みつごん)院を建立し,また,伝法会料として紀伊国7ヵ荘の寄進を受けた。…

※「真言宗智山派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

真言宗智山派の関連キーワード古懸山不動院國上寺高幡不動尊金剛寺陸奥國分寺薬師堂白水阿弥陀堂高尾山薬王院成田山新勝寺大御堂観音寺薬王院温泉寺真福寺宝生院六波羅蜜寺上品蓮台寺倉持 秀峰寺山観音寺大報恩寺蓮華峰寺川崎大師因幡薬師新大仏寺宮坂宥勝大慈恩寺

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真言宗智山派の関連情報