因支秋主(読み)いなきの あきぬし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

因支秋主 いなきの-あきぬし

?-? 平安時代前期の豪族。
讃岐(さぬき)(香川県)那珂郡の人。因支宅主の孫。秋吉の子。景行天皇皇子である武国凝別(たけくにこりわけの)皇子の子孫とされる。貞観(じょうがん)8年(866)ほかの8人とともに和気(わけ)の氏をさずけられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android