和気(読み)わき

精選版 日本国語大辞典「和気」の解説

わ‐き【和気】

〘名〙
① 気候や海、また、体の状態などがおだやかで安定していること。
※吾妻鏡‐元暦元年(1184)四月二九日「来六月属海上和気期、可合戦之由被仰含云々」 〔郭璞‐春詩〕
② なごやかな気分。おだやかな気色。
※玉塵抄(1563)三一「人の気のひえきって和気のないすごいあたたまりのないがあるぞ」 〔礼記‐祭義〕
③ 争い・混乱がおさまっておだやかになる様子。
※玉葉‐治承三年(1179)一一月一六日「昨日以法師静賢御使、両度被子細云々、其後頗事似和気

か‐き クヮ‥【和気】

〘名〙 むつまじくうちとけ、やわらぐこと。のどやかな気配。わき。〔文明本節用集(室町中)〕
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「又春の日に瓊葩(けいは)綉葉(しうえふ)の間、和気(クヮキ)香風の中に臥榻(ぐゎたふ)を据ゑて其上に臥(ね)そべり」

わけ【和気】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「和気」の解説

わ‐き【和気】

のどかな陽気。穏やかな気候。「和気山野に漂う」
なごやかな気分。「和気を帯びた口調」「和気靄然あいぜん

わけ【和気】

姓氏の一。
[補説]「和気」姓の人物
和気清麻呂わけのきよまろ
和気広虫わけのひろむし

か‐き〔クワ‐〕【和気】

わき(和気)」に同じ。
「―香風のうちに、臥榻がとうを据えて」〈二葉亭浮雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「和気」の解説

【和気】わき

なごやかな気分。〔礼記、祭義〕孝子の深愛は必ず和氣り。和氣は必ずり。は必ず婉容り。

字通「和」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android