コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団体契約

保険基礎用語集の解説

団体契約

損害保険において一保険契約で複数の自然人または法人を被保険者とする契約方式である、傷害保険、賠償責任保険等で行われています。団体契約においては、被保険者数による保険料の割引など一定のメリットを設けるのがほとんどです。傷害保険においては、一般的には被保険者数20名以上でかつ一定の要件を充足する同体を一般団体とし、保険料割引のほか集金事務を委託した場合の事務費支払等の制度があります。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

団体契約の関連キーワード団体傷害保険個人年金保険

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

団体契約の関連情報