コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賠償責任保険 バイショウセキニンホケン

デジタル大辞泉の解説

ばいしょうせきにん‐ほけん〔バイシヤウセキニン‐〕【賠償責任保険】

偶然の事故により、他人を死傷させたり他人の物に損害を与えたりして、法律上の賠償責任を負担することになった場合、それにより被る損害を塡補する目的の保険。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

賠償責任保険【ばいしょうせきにんほけん】

被保険者が偶発事故によって第三者に対して財産的給付を負う法的責任を負担したとき,それによる損害を填補(てんぽ)する保険。損害賠償額のほかに訴訟費用も含む。自動車・航空・船舶保険における賠償担保や自動車損害賠償責任保険等もこの一種であるが,狭義にはこれら以外の独立の保険をさす。
→関連項目新種保険

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばいしょうせきにんほけん【賠償責任保険 liability insurance】

被保険者が,他人に身体障害を与えること(これに起因する死亡を含む)や財物の滅失毀損(きそん)・汚損について法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害(損害賠償金のほか,緊急措置に要した費用や訴訟費用等を含む)を補(てんぽ)する保険。この保険は普通保険約款にリスクに応じたさまざまな特別約款を組み合わせ,補限度額を定めて契約するが,対象となる損害,ならない損害はそれぞれの特別約款に定めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばいしょうせきにんほけん【賠償責任保険】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賠償責任保険
ばいしょうせきにんほけん

責任保険」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

賠償責任保険
ばいしょうせきにんほけん

被保険者が法律の規定または契約に基づいて、第三者に対して一定の財産的給付をなすべき法的責任を負うことによって被る損害を填補(てんぽ)することを目的とする損害保険。産業や交通などの飛躍的な発展に伴って、個人または企業が他人に対して加害行為を行う機会が増大した。その結果、個人または企業に過失があるとき、場合によっては過失がないときにも、他人に加えた損害について賠償責任を負わされる。賠償責任の履行として被害者に一定の財産的給付を行うと、被保険者にはその財産の減少という損害が発生する。被保険者のこうした損害を填補する保険が賠償責任保険である。[坂口光男]

特徴

賠償責任保険においては、一般の保険と異なり、保険者(保険事業者)と被保険者のほかに被害を被る第三者が存在する。賠償責任保険は、賠償責任を負担する加害者と、その相手方である被害者の両者を保護する機能を有する。すなわち、加害者は賠償責任保険に加入することにより、賠償責任を負担することで被る経済的損害から自らを防衛することができる。他方、加害者が賠償責任保険に加入しているならば、それによって加害者の支払い資力が確保され、その結果として被害者が加害者から賠償金を受けられることが確実となる。このように、賠償責任保険は加害者と被害者の両者を保護する機能を有するが、自動車損害賠償責任保険のような社会政策的な性格が強い保険においては、被害者保護を重視するという考えが採用されている。[坂口光男]

種類

賠償責任保険の起源は、19世紀に欧米で生まれた労働者災害補償保険(労災保険)であるといわれている。わが国では1953年(昭和28)に賠償責任保険が独立の保険種目として事業免許を取得したが、その後の経済の発展による損害賠償請求の増加に伴い、現在では多くの賠償責任保険が登場している。
(1)企業向けの賠償責任保険 施設所有管理者賠償責任保険、昇降機賠償責任保険、油濁賠償責任保険、請負業者賠償責任保険、生産物賠償責任保険、旅館賠償責任保険、店舗賠償責任保険、LPガス業者賠償責任保険、警備業者賠償責任保険、保管者賠償責任保険、自動車管理者賠償責任保険、企業包括賠償責任保険、会社役員賠償責任保険、環境汚染賠償責任保険など。
(2)職業人向けの賠償責任保険 医師・薬剤師・理学療法士・弁護士・公認会計士・税理士・旅行業者・情報サービス業者・電気通信事業者賠償責任保険などがある。
(3)個人向けの賠償責任保険 個人・ゴルファー・テニス・スキー・スケート賠償責任保険などがある。
 賠償責任保険は、加害者が被害者に対して法的責任を負担したときに初めてその機能を発揮するので、保険が機能する前提として、加害者の法的責任が確定することを要する。しかし、加害者の賠償責任の確定のためには、多くの費用と時間を必要とする場合が少なくない。加害者の賠償責任の有無とは無関係には賠償責任保険の給付が行われない点に、賠償責任保険の欠陥あるいは限界がある。[坂口光男]
『東京海上火災保険株式会社著『損害保険実務講座7 新種保険(上)』(1989・有斐閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の賠償責任保険の言及

【航空保険】より

… (1)航空機保険(機体保険) 墜落・衝突・接触・転覆・沈没・火災・爆発・盗難その他偶然な事故による被保険航空機自体の損害を補(てんぽ)する。(2)第三者賠償責任保険 航空機の運航,管理に起因して乗客以外の第三者の生命・身体を害したり財物を損壊したことによって被保険者が法律上の賠償責任を負うことによる損害を補する。(3)乗客賠償責任保険 航空機の運航,管理に起因して,航空機に搭乗中(乗降中を含む)の乗客の生命・身体を害したり乗客所有の財物を損壊したことにより,被保険者が法律上の賠償責任を負うことによる損害を補する。…

※「賠償責任保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

賠償責任保険の関連キーワード自動車損害賠償責任保険証明書施設所有者管理者賠償責任保険専門職業人賠償責任保険原子力損害賠償責任保険公認会計士賠償責任保険自動車損害賠償保障法司法書士賠償責任保険警備業者賠償責任保険税理士賠償責任保険生産物回収費用保険自賠責制度PR月間弁護士賠償責任保険専門職賠償責任保険被害者の直接請求権油濁賠償責任保険D & O 保険自賠責調査事務所医師賠償責任保険フライヤー保険自治会活動保険

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賠償責任保険の関連情報