囲繞地通行権(読み)いにょうちつうこうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

囲繞地通行権
いにょうちつうこうけん

民法上の相隣権の一つ。袋地通行権ともいう。袋地の所有者が公道に通じるために囲繞地を通行できることをいう (民法 210) 。袋地とは,他人の土地に囲まれた土地,または他人の土地と池沼,河渠,海洋,あるいは崖岸によって囲まれた土地のことをいい,その他人の土地を囲繞地という。通行権者は,原則として囲繞地の所有者に償金を払わなければならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android