コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

囲繞地通行権 いにょうちつうこうけん

2件 の用語解説(囲繞地通行権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

囲繞地通行権
いにょうちつうこうけん

民法上の相隣権の一つ。袋地通行権ともいう。袋地の所有者が公道に通じるために囲繞地を通行できることをいう (民法 210) 。袋地とは,他人の土地に囲まれた土地,または他人の土地と池沼,河渠,海洋,あるいは崖岸によって囲まれた土地のことをいい,その他人の土地を囲繞地という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

囲繞地通行権

周囲が他の土地に囲まれ、そのままでは公路に通じないとき、その所有者は、周囲の土、地を通行する権利を有するものとされている既得権の一種。「隣地通行権」ともいわれ、その内容などが法定されている。また、囲まれている土地を「袋地」、囲んでいる土地を「囲繞地」という。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

囲繞地通行権の関連キーワード空中権執行権請求占有訴権相隣関係担保物権囲繞地相隣者通行権袋地

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone