コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

囲繞地通行権 いにょうちつうこうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

囲繞地通行権
いにょうちつうこうけん

民法上の相隣権の一つ。袋地通行権ともいう。袋地の所有者が公道に通じるために囲繞地を通行できることをいう (民法 210) 。袋地とは,他人の土地に囲まれた土地,または他人の土地と池沼,河渠,海洋,あるいは崖岸によって囲まれた土地のことをいい,その他人の土地を囲繞地という。通行権者は,原則として囲繞地の所有者に償金を払わなければならない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

囲繞地通行権の関連キーワードインド領通行権に関する事件

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android