償金(読み)しょうきん

精選版 日本国語大辞典「償金」の解説

しょう‐きん シャウ‥【償金】

〘名〙
損害などを与えたときに、その賠償として支払う金銭賠償金。つぐないきん。
※万国公法(1868)〈西周訳〉二「其道路諸設に依て用をなしたる者は、費用に充るか為に是に金を徴求することを得」
② 敗戦国または損害を与えた国が、戦勝国または損害をこうむった国に支払う金銭。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「英国の商売品を焼棄たる償金として二千一百万『ドルラル』を〈略〉英国へ与へたり」

つぐない‐きん つぐなひ‥【償金】

〘名〙 損害や罪、あやまちなどをつぐなうために支払う金。賠償金。つぐのいきん。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉二「償金(ツグナヒキン)として五十万ドルを政府より逓与さるべく」

つぐのい‐きん つぐのひ‥【償金】

〘名〙 (古くは「つくのいきん」) =つぐないきん(償金)
西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉二「商ひを妨げる(ツクノ)ひ金(キン)を出すべしと外国流の掛合に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「償金」の解説

しょう‐きん〔シヤウ‐〕【償金】

他人やその所有物に与えた損害のつぐないとして支払う金銭。賠償金。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「償金」の解説

【償金】しようきん

賠償。

字通「償」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android