コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

図合船 ズアイブネ

デジタル大辞泉の解説

ずあい‐ぶね〔ヅあひ‐〕【図合船】

江戸時代から明治期にかけて、北海道と東北地方北部で、廻船(かいせん)や漁船として使用された100石積み以下の船。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

図合船の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android