コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

図法 ズホウ

大辞林 第三版の解説

ずほう【図法】

図の作り方。特に、地球を平面図に投影して地図を描く種々の方法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

図法
ずほう

地図投影法」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の図法の言及

【地図】より

…たとえば縮尺という視点に立てば,大縮尺図,中縮尺図,小縮尺図などと分類できるし,作成方法という視点に立てば実測図と編集図に区分できる。さらに地図の図法(投影法)からも分類できるし,表現法からも分類できる。
【地図の諸要素】
 冒頭に地図を定義し,多様な地図の世界を概観したが,これらの地図に共通するものは何であろうか。…

※「図法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

図法の関連キーワードランベルト正角円錐図法国際横メルカトル図法ユーモルフィック図法ホモロサイン図法パースペクティブエッケルト図法ハンメル図法正角方位図法ステレオ図法ビンケル図法正角円筒図法擬方位図法擬円筒図法UTM図法グード図法投射図法円柱図法直射図法展開図法星形図法

図法の関連情報