コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正射図法 せいしゃずほうorthographic projection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正射図法
せいしゃずほう
orthographic projection

投射図法の一種で,直射図法ともいう。視点 (または光点) を無限遠において平行光線を地球儀に照射し,投影面に写したとみなされる地図投影法地図の中心から地図上の各点に引いた線と直角な方向についての長さが正しく表わされる正距図法で,半球までの範囲を表わすことができる。地図の中心 (地図主点) を極においた正軸の場合は,経線が極点からの放射直線となり,緯線は極を中心とした正距の同心円となる。地図主点を赤道においた横軸の場合は,すべての緯線は平行直線となり,中央経線は直線で赤道と直交するが,他の経線は楕円となる。地図主点をその他の位置においた斜軸の場合は中央経線を除く経緯線はすべて楕円となる。外周の円に近づくほど地図投影のひずみが著しく大きくなるが,広い地域全体の広大な感じが得られ,地球儀を観察するのと同じ印象を得る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいしゃ‐ずほう〔‐ヅハフ〕【正射図法】

地図投影法の一。地球に接する平面に、地球外の無限遠の距離からこの平面に垂直に光を当てて投影する図法。地球を遠くから眺めた姿になる。直射図法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいしゃずほう【正射図法】

地図投影法の一。視点を無限大の距離において、地心を通る平面に地球表面を垂直に投影する図法。得られる図は地球を遠くから眺めた感じがある。直射図法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正射図法
せいしゃずほう
orthographic projection

地図投影の一種。投射図法の一種で、視点を無限遠とするので視線は平行直線となる。投影面は地表に接する平面で視線と直交する。半球までしか表せないが、地球儀を眺めるような立体的な印象を与える。紀元前240年ごろにギリシアでアポロニオスが考案、紀元前2世紀ごろにヒッパルコスが作図し日時計の目盛盤とし、アナレマと称された。17世紀初期に地図に用いられてから正射図法の名称になった。20世紀中期には広域地図で国土の広大さを印象づける効果を目的とした地図に用いられた。[金澤 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の正射図法の言及

【地図】より

…(1)の方位図法は地球上の一点に接する平面に経緯線を投影する図法であり,(2)の円錐図法は地球面に接するか,またはわずかに食い込む形で円錐をかぶせ,経緯線を投影して,これを切り開いて平面とする図法であり,(3)の円筒図法は同じく地球面に接するか,またはわずかに食い込む形で円筒をかぶせ,経緯線を投影してこれを切り開いて平面とする図法である。これらの図法は,さらに投影の視点によって,地球の中心に視点をおく心射図法,反対側の地球上の一点に視点をおく平射図法,無限遠に視点をおく正射図法などと区分される。また,面積,角度,距離のいずれかの条件を正しく表示するため,古来,数々の投影法がくふうされており,それぞれ正積図法,正角図法,正距図法などと呼ばれている。…

※「正射図法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android