コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投影図法 とうえいずほうprojection

翻訳|projection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

投影図法
とうえいずほう
projection

絵画技法用語。投象図法もしくは投射図法ともいう。空間における光を受けた物体の位置,形状を幾何学的に正確に図示する方法。基本的に正投影図 (正投象図) ,斜投影図 (斜投象図) ,透視図の3つの図法があるが,正投影図法が最も一般的で,単に投影図という場合は正投影図をいうことが多い。建築設計などに利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうえい‐ずほう〔‐ヅハフ〕【投影図法】

空間にある物体の位置・形状を、ある一点から見て、一平面上に描き表す図法。投影画法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうえいずほう【投影図法】

物の形を平行光線によって画面に投影したものとして平面上に描く図法。投影画法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

投影図法の関連キーワードアクソノメトリックカッシニ投影図法アイソメトリックプトレマイオス大航海時代画法幾何学正投影法立体画法心射図法平画面平面図正面図側面図立面図立画面側画面

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android