固相線(読み)こそうせん(英語表記)solidus, solidus line, solidus curve

岩石学辞典の解説

固相線

多成分系の温度─組成図で,固相線はこれ以上では固体液体平衡で,これ以下の温度では系は固体が安定して存在する領域を示す線.二成分系では固溶体がない場合には固相線は直線となるが,固溶体があると曲線または直線と曲線の組合せとなる.三成分系では固相線は平面または曲面となる[清水,長崎 : 1977,片山ほか : 1970,野田編 : 1977].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

固相線
コソウセン
solidus

[別用語参照]液相線

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android