コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液相線 えきそうせんliquidus, liquidus line, liquidus curve

岩石学辞典の解説

液相線

一定の圧力の下で組成と温度を座標とする平衡図で,各組成の液相についてその中に溶ける固相の飽和温度を示す点を連ねた曲線を液相線という.この温度以上では平衡状態では液相が安定である.温度─組成の軌跡で,液相の中の固相の最大溶解度(飽和)を示している.二成分系では線となり,三成分系では面となる[Edgar : 1974, 片山ほか : 170].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

液相線の関連キーワードフロードの方程式(物理学)凝固区間液相面融点図沸点図境界線融点

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android