コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国久 くにひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国久 くにひさ

?-? 鎌倉-南北朝時代の刀工。
山城(京都府)来(らい)派の一族,あるいは同門の了戒の一族。正慶(しょうきょう)(1332-34)のころ活躍したとされる。通称は右馬允。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

国久の関連キーワード田中久重(初代)田中久重(2代)矢野五郎左衛門正道官衙遺跡賀藤清右衛門鈴木 喜三郎安国寺利生塔日置 黙仙大島 久直菊竹 嘉市羽生 氏熟梅暮里谷峨吾妻 勝剛衣笠宗兵衛三輪田元綱島村 抱月中井太一郎南北朝時代日置黙仙島津忠昌

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android