コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国井応文 くにい

美術人名辞典の解説

国井応文

幕末・明治の円山派の画家。京都生。父は医師、母は円山応挙の孫で円山応震の妹。字は仲質、別号に彬々斎。円山応立に師事し、その歿後は一門の後継者となる。安政二年禁裏の絵御用を務める。のち中島来章塩川文麟らと如雲社を設立した。明治20年(1887)歿、55才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国井応文 くにい-おうぶん

1833-1887 幕末-明治時代の画家。
天保(てんぽう)4年生まれ。円山応震(まるやま-おうしん)の甥(おい)。円山応立(おうりゅう)にまなび,山水・花鳥画をよくする。明治17年第2回内国絵画共進会に「桂御所御庭図」「花鳥」を出品,褒状をうけた。明治20年3月29日死去。55歳。京都出身。字(あざな)は仲質。別号に彬々斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone