コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円山応立 まるやま おうりゅう

美術人名辞典の解説

円山応立

幕末・明治円山派画家。京都生。友禅工寺井久次郎の子。養拙流書法の祖寺井養拙の玄孫。幼名は勝治郎、のち多都雄と称し主水と改める。字は子道、別号に方壷・米斎等。はじめ禁裏御所官人島田近江守徳直の猶子となって、円山応震養子となり同家四世を嗣いだ。安政年間の内裏障壁画制作に参加。人物花鳥を能くした。明治8年(1875)歿、59才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円山応立 まるやま-おうりゅう

1817-1875 江戸後期-明治時代の画家。
文化14年9月20日生まれ。京都の人。円山応震の養子となり,円山派をつぐ。安政の内裏造営にくわわった。人物,花鳥にすぐれた。明治8年3月2日死去。59歳。本姓は寺井。字(あざな)は子道。号は方壺。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

円山応立の関連キーワード跡見 花蹊跡見花蹊明治時代国井応文木村貫山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android