国依媛(読み)くによりひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国依媛 くによりひめ

「日本書紀」にみえる女官。
仁徳天皇の皇后磐之媛命(いわのひめのみこと)の侍女。皇后は天皇が八田(やたの)皇女を宮中にいれたのをおこり,山背(やましろ)の筒城(つつき)に別居。天皇は皇后をよびもどそうと口持(くちもち)をつかわしたが,皇后はこたえず,口持の妹の国依媛が兄のために歌をつくってとりなしたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる