口持(読み)くちもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

口持 くちもち

「日本書紀」にみえる豪族。
国依媛(くによりひめ)の兄。的(いくは)氏の祖。仁徳(にんとく)天皇につかえる。天皇の浮気にいかって宮殿をでた皇后磐之媛命(いわのひめのみこと)をつれもどすために派遣されたが失敗。妹の口添えで,もどらないという返事だけをもちかえった。「古事記」はこの伝承を丸邇口子(わにの-くちこ)・口比売(くちひめ)兄妹のこととする。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

くち‐もち【口持】

〘名〙 口の形。くちつき。また、ものを言う様子
※類従本紫式部日記(1010頃か)消息文「我れはと、くすしく、くちもちけしきことごとしくなりぬる人は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android