コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国内人権委員会 こくないじんけんいいんかい national institutions for the protection and promotion of human rights

1件 の用語解説(国内人権委員会の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

国内人権委員会

国際諸条約に定められた、人権の国内での保護促進を進める国内機関。国連では1978年の国内人権擁護制度セミナーで作られたガイドラインが79年総会で承認され、91年にパリで開催されたワークショップが作成したパリ原則国連人権委員会で採択された。日本では人権擁護推進審議会の答申に基づき、2002年3月に人権委員会制度の創設を内容とした人権擁護法案が国会に提出されたが、03年10月の衆院解散により廃案になった。その後も、救済対象とする人権の範囲、地方委員会、人権擁護委員の国籍等につき異論があり、国会に未提出である。

(宮崎繁樹 明治大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国内人権委員会の関連キーワード非武装地帯国際単位世界人権宣言国際人権法裁判管轄ウィーン売買条約ジュネーブ諸条約と共通第3条特定水域金東勲PCT条約に基づく特許出願

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone