コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国分にんじん

デジタル大辞泉プラスの解説

国分にんじん

群馬県高崎市国分地区で生産されるニンジン。長さ60~80cmと長く、色鮮やかで、こくのある甘さと香りのよさが特徴。煮くずれしにくく、加熱食、漬物、生食いずれにも向く。大正期に西洋系の長ニンジンから選抜を繰り返して育成されたもの。昭和30年代前半までは全国に広く流通したが、その後減少。「国府」の表記もある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

国分にんじん[根菜・土物類]
こくぶにんじん

関東地方、群馬県の地域ブランド。
主に高崎市で生産されている。旧・群馬郡群馬町国分地域(現・高崎市)で採種が盛んにおこなわれたため、この名がある。根長50cm〜80cmにもなる長大なにんじん肉質がしまっていてコクのある甘さがある。現在は姿を消しつつあり、一般消費者が入手するのは困難。年末から正月にかけてが旬。収穫期が限られている。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

国分にんじんの関連キーワード関東地方

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android