コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国分八郎 こくぶ はちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国分八郎 こくぶ-はちろう

?-? 明治時代の陶工。
はじめ陶器の絵付けに従事。明治15年より電信局用の碍子(がいし)や電機用具を製造したが,粗製乱造におちいっていた薩摩(さつま)焼の復興をこころざして鹿児島市長田町に開窯した。薩摩(鹿児島県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

国分八郎の関連キーワード明治時代陶工

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android