コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国分八郎 こくぶ はちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国分八郎 こくぶ-はちろう

?-? 明治時代の陶工。
はじめ陶器の絵付けに従事。明治15年より電信局用の碍子(がいし)や電機用具を製造したが,粗製乱造におちいっていた薩摩(さつま)焼の復興をこころざして鹿児島市長田町に開窯した。薩摩(鹿児島県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

国分八郎の関連キーワード明治時代陶工

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android