国土緑化(読み)こくどりょっか(英語表記)nationalland afforestation

世界大百科事典 第2版の解説

こくどりょっか【国土緑化 nationalland afforestation】

荒れた国土を生き生きした緑で包むことで,1947年森林愛護連盟が結成され,その運動がスタートした。50年には国土緑化推進委員会が設立され,〈緑の羽根〉募金,学校植林コンクール,第1回全国植樹祭もこの年に始まった。これらは現在も年中行事として続けられ,77年からは全国育樹祭も始まった。国土を緑で包む緑化運動は現在では世界的な規模で拡大しつつある。中近東から中国にかけて広がる砂漠地帯での森林造成運動,乱伐や焼畑によって荒廃した林地を復旧する東南アジアでの緑化運動は,世界の平和と発展のために必要であるとの認識も広まっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国土緑化の関連情報