コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家信用 こっかしんよう public credit

1件 の用語解説(国家信用の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こっかしんよう【国家信用 public credit】

公信用ともよばれる。国家が借手または貸手となって取り結ぶ信用関係をさし,民間の金融関係をさす私的信用(私信用)と対比される用語である。すなわち,公債(〈国債〉の項も参照),国家金融事業,国家による債務保証財政投融資活動などを含む,国家と民間における資金の貸借または債権債務関係を総称したものである。国家信用は,基本的には租税あるいは租税承認権にその基礎をおいており,私的信用が貸付資金が企業資本として使用されて生み出される利潤に基礎をおいているのとは,根本的に異なっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国家信用の関連キーワード沃懸地呉音御呼ばれ信用貸し信用毀損罪対人信用呼ばれる借手手まへるコオナゴ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国家信用の関連情報