コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家行為論 こっかこういろんact of state doctrine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国家行為論
こっかこういろん
act of state doctrine

イギリス法上,国王またはその授任に基づく者が行なった行為は,裁判所の審査の対象とされないという原則。国際法上,この行為が外国人に対してなされたときに問題となり,国際法の侵害または義務不履行の結果をきたすことがある。日本における統治行為論も基本的に同種のものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android