コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家記念碑 こっかきねんひ

1件 の用語解説(国家記念碑の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

こっかきねんひ【国家記念碑】

マレーシアの首都クアラルンプール、レイクガーデン北端近くのなだらかな丘の上にある、マレーシアの独立に命を捧げた兵士を顕彰する、高さ15mの7人の兵士のブロンズ像。第二次世界大戦後の1948年、マレーシアにはマラヤ連邦が発足したが、その翌年から連邦に反対するマラヤ共産党武装蜂起が始まり、以後12年間にわたって混乱が続いた。この戦いの戦没者を悼む施設である。この記念碑は、アメリカの首都ワシントンにある海兵隊戦争記念碑の作者ウェルドンが手がけた作品で、噴水に囲まれて建っていて、夜間にはライトアップされる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国家記念碑の関連キーワードクアラルンプールクランマレーシアエアアジアANRPC馬来西亜名古屋・クアラルンプール補足議定書クアラ・ルンプルKUL

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone