国家記念碑(読み)こっかきねんひ

世界の観光地名がわかる事典の解説

こっかきねんひ【国家記念碑】

マレーシアの首都クアラルンプール、レイクガーデン北端近くのなだらかな丘の上にある、マレーシアの独立に命を捧げた兵士を顕彰する、高さ15mの7人の兵士のブロンズ像。第二次世界大戦後の1948年、マレーシアにはマラヤ連邦が発足したが、その翌年から連邦に反対するマラヤ共産党の武装蜂起が始まり、以後12年間にわたって混乱が続いた。この戦いの戦没者を悼む施設である。この記念碑は、アメリカの首都ワシントンにある海兵隊戦争記念碑の作者ウェルドンが手がけた作品で、噴水に囲まれて建っていて、夜間にはライトアップされる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android