コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有徳 ウトク

デジタル大辞泉の解説

う‐とく【有徳】

[名・形動]
徳行のすぐれていること。また、そのさま。ゆうとく。
富み栄えること。また、そのさま。富裕。ゆうとく。
「―ナ者ワ常ニ心乱レ」〈天草本伊曽保・鼠〉

ゆう‐とく〔イウ‐〕【有徳】

[名・形動]
うとく(有徳)1」に同じ。「有徳な(の)高僧」
うとく(有徳)2」に同じ。
「―ナ人」〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うとく【有徳】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
徳がある・こと(さま)。ゆうとく。
富んでいる・こと(さま)。富裕。ゆうとく。 「 -にして足もと種姓けたかき者を/狂言・夷毘沙門」

ゆうとく【有徳】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
うとく(有徳)」に同じ。 「 -の士」
うとく(有徳)」に同じ。 「 -ナヒト/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

有徳の関連キーワード有徳人(有得人)アスケーシス鼻に当てる政体循環論内聖外王木下蘆洲徳川吉宗易姓革命郷挙里選禅譲放伐里老人隠君子世間寺有徳人君子人薄伽梵沙石集有徳銭凡下王道

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有徳の関連情報