コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国府宮 コウノミヤ

デジタル大辞泉の解説

こう‐の‐みや〔コフ‐〕【国府宮】

尾張大国霊(おわりおおくにたま)神社の異称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国府宮
こうのみや

愛知県稲沢(いなざわ)市東部の地区。旧国府宮村。名古屋鉄道本線国府宮駅がある。尾張(おわり)国府跡、尾張国の総社、尾張大国霊(おおくにたま)神社があり、楼門と拝殿は国指定重要文化財。また、奈良時代から続く儺追(なおい)神事の裸祭りで有名。秋には参道を中心として「稲沢まつり」も行われる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

国府宮の関連キーワード裸祭[国府宮]愛知県稲沢市尾張国分寺跡裸祭り・裸祭稲沢(市)富士吉田市いなっピー愛知(県)稲沢[市]三奇祭稲沢市裸祭り裸祭帯祭

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国府宮の関連情報