コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国府宮 コウノミヤ

2件 の用語解説(国府宮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐の‐みや〔コフ‐〕【国府宮】

尾張大国霊(おわりおおくにたま)神社の異称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国府宮
こうのみや

愛知県稲沢(いなざわ)市東部の地区。旧国府宮村。名古屋鉄道本線国府宮駅がある。尾張(おわり)国府跡、尾張国の総社、尾張大国霊(おおくにたま)神社があり、楼門と拝殿は国指定重要文化財。また、奈良時代から続く儺追(なおい)神事の裸祭りで有名。秋には参道を中心として「稲沢まつり」も行われる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国府宮の関連キーワード大国魂神社裸祭尾張尾張大根六所の宮大国魂神尾張穂草尾張大海媛尾張大隅猿渡盛章

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国府宮の関連情報