コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾張国 おわりのくに

6件 の用語解説(尾張国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾張国
おわりのくに

現在の愛知県西半部。東海道の一国。上国。もと吾湯市 (あゆち) 県主,尾張国造が支配。国府,国分寺ともに稲沢市。『延喜式』に愛智 (あいち) ,知多 (ちた) ,春部 (かすがへ) ,山田 (やまた) ,丹羽 (には) ,葉栗 (はくり) ,中島 (なかしま) ,海部 (あまへ) の8郡がみえ,『和名抄』には郷 70,田 6820町余。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おわり‐の‐くに〔をはり‐〕【尾張国】

尾張

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

尾張国【おわりのくに】

旧国名。尾州とも。東海道の一国。現在の愛知県西半。古くから開け,尾張国造(くにのみやつこ)は皇室と姻戚関係があった。《延喜式》に上国,8郡。中世にかけて社寺・貴族の荘園が多く,大屋・斯波・織田氏らの支配を経て,近世初め徳川家康の子義直の所領となり,以後名古屋藩領。
→関連項目愛知[県]中部地方富田荘保内商人

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

おわりのくに【尾張国】

現在の愛知県西半部を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で東海道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は上国(じょうこく)で、京からは近国(きんごく)とされた。国府と国分寺はともに現在の稲沢市におかれていた。肥沃(ひよく)な濃尾平野に位置し、平安時代には皇室や権門(けんもん)寺社の荘園(しょうえん)が多かった。この時代から陶器製作が盛んで、今も瀬戸焼(せとやき)、常滑焼(とこなめやき)として知られる。鎌倉時代守護は小野氏、中条(ちゅうじょう)氏、名越(なごえ)氏など、南北朝時代から室町時代には中条氏、高(こう)氏、土岐(とき)氏畠山(はたけやま)氏斯波(しば)氏などだった。室町時代末期から斯波氏の守護代の織田(おだ)氏が勢力を伸長、織田信長(のぶなが)が尾張を統一して全国平定の一歩をしるした。関ヶ原の戦いののち、徳川家康(とくがわいえやす)の4男忠吉(ただよし)が入封(にゅうほう)、忠吉が病死したあとは9男義直(よしなお)が入封し名古屋城を築いた。以後、江戸時代御三家の一つ尾張徳川家が支配した。1871年(明治4)の廃藩置県により名古屋県となり、翌年に愛知県と改称、旧三河(みかわ)国地域を統合した。◇尾州(びしゅう)ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おわりのくに【尾張国】

旧国名。尾州。現在の愛知県の西半部にあたる。
【古代】
 東海道に属する上国(《延喜式》)。面積の約6割が濃尾平野の南半部にあたる肥沃な沖積平野で,古墳の分布などから推察すれば,北部の犬山市や一宮市,北東部の春日井市あたりにも豪族の拠点があったと考えられる。しかし国全体を統轄する地位を確保したのは,平野南部の熱田台地に本拠をおく尾張国造たる尾張氏であろう。尾張氏は,ヤマトタケル伝説を媒介として,皇室とのつながりを誇示する豪族であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾張国
おわりのくに

東海道の一国。現在の愛知県西半部にあたる。東は三河国、北は美濃(みの)国、西は伊勢(いせ)国に接し、南は伊勢湾に臨む。古くは尾張国と吾湯市県(あゆちのあがた)が置かれたが、大化改新ののち国・県が廃され新たに尾張国が設置された。中島(なかしま)、海部(あま)、葉栗(はくり)、丹羽(にわ)、春部(かすかべ)(のち春日井(かすがい))、山田、愛智(あいち)、智多(ちた)の8郡が置かれ、平安時代末ごろ海部郡は海東(かいとう)、海西(かいさい)の2郡に分かれた。山田郡は戦国時代ごろ廃されて春日井、愛智の2郡に分属された。さらに1880年(明治13)春日井郡は東・西春日井の2郡に分かれ、その後、海東、海西郡は合併して海部郡となった。面積のほぼ6割を尾張平野(濃尾(のうび)平野の南半部)が占め、農業が発達し、またわが国のほぼ中央に位置する地理的条件を備え、東西交通の要地として古くから栄えた。国府(こくふ)、国分寺(こくぶんじ)は現在の稲沢(いなざわ)市に置かれた。肥沃(ひよく)な地で、早くから伊勢神宮、熱田(あつた)社などの寺社や権門勢家の荘園(しょうえん)が多く置かれた。おもなものとしては皇室領の篠木(しのき)荘・稲木(いなき)荘・味岡(あじおか)荘・上門真(かみかどま)荘・黒田荘などや、摂関家の玉江(たまえ)荘(勧学院領)・小弓(おゆみ)荘・長岡荘(近衛(このえ)家領)、英比(あぐひ)荘・杜(もり)荘(九条家領)など、また寺社領として大成(おおなり)荘(東寺領)、鳴海(なるみ)荘・安食(あじき)荘(醍醐寺(だいごじ)領)、高畠(たかばた)荘(賀茂(かも)社領)、海部荘・愛智荘・春部荘・中島荘・丹羽荘・葉栗荘・山田荘(東大寺領)などがあった。
 鎌倉時代になると守護として小野成綱が任ぜられるが、それ以後中条(なかじょう)氏となり一時名越(なごし)氏にかわるが、南北朝時代ふたたび中条氏となり、やがて高師泰(こうのもろやす)が継ぐ。室町時代になると斯波(しば)氏が任ぜられ、下津(おりつ)を守護所とし、初め甲斐(かい)氏を、その後織田(おだ)氏を守護代とした。応仁(おうにん)の乱(1467~77)により斯波氏の勢力が衰退すると、織田氏が勢力を伸張させ、斯波氏にかわって実権を握った。勝幡(しょばた)の信秀(のぶひで)は他の織田氏を排斥し、尾張半国を支配するに至り、その子信長(のぶなが)は1559年(永禄2)岩倉城を攻略し尾張一国を支配下に置いた。翌年桶狭間(おけはざま)で駿河(するが)の今川義元(よしもと)を破り、67年には美濃の斎藤氏を下して岐阜城に移った。信長の統一事業に伴い尾張国は子信忠(のぶただ)の領国となる。82年(天正10)本能寺の変により信雄(のぶかつ)の領国となるが、90年の小田原征伐後、豊臣(とよとみ)秀吉は信雄を下野(しもつけ)国へ追放し、甥(おい)秀次(ひでつぐ)を封じた。秀次の死後福島正則(まさのり)が入封したが、1600年(慶長5)関ヶ原の戦いののち、徳川家康により正則は安芸(あき)国に転封させられ、家康の四男忠吉(ただよし)が入封した。忠吉が病死のあと九男義直(よしなお)が入封し、名古屋城を築いて清洲(きよす)より移転するとともに、成瀬正成(なるせまさなり)が藩家老として犬山城に入った。これ以後名古屋は尾張徳川家62万石の城下町として栄え、「尾張名古屋は城でもつ」とよばれるほどであった。1871年(明治4)廃藩置県により名古屋・犬山の2県となり、名古屋県を経て愛知県と改称、72年には額田(ぬかた)県(三河国)を合併して現在に至る。
 産業としては陶器製作が古くから行われている。瀬戸(せと)、知多(ちた)を中心に、平安時代には多くの陶器を生産しており、現在でも瀬戸焼、常滑(とこなめ)焼として名が知られている。また近世以降、綿、藍(あい)、菜種(なたね)など商品作物が栽培され、これを原料とする綿織物、染色、絞油(しぼりあぶら)などの加工業も発達した。とくに木綿は、一宮(いちのみや)を中心とする尾西地方の縞(しま)木綿と、成岩(ならわ)・半田を中心とする知多半島の白木綿、晒(さらし)木綿が有名である。染色では木綿絞り染めとして有松(ありまつ)絞りが名高い。このほか、半田地方を中心とする酢、みそ、酒、しょうゆの醸造業が知られる。一方、商業も盛んで、名古屋を中心に熱田魚市場、枇杷島(びわじま)青物市場は有名である。一宮、犬山、岩倉、小牧、津島などでは早くから六斎市(ろくさいいち)が開かれ、地域商業の中心であった。現在名古屋を中心に近代工業も盛んで、四大工業地帯の一つに数えられている。[橋詰 茂]
『名古屋藩編・刊『張州府志』(1913~16) ▽名古屋藩編・刊『尾張志』(1891~93) ▽内藤東甫著『張州雑誌』(1975~76・愛知県郷土資料刊行会) ▽『愛知県史』(1935~40・愛知県) ▽『名古屋市史』(1915~34・名古屋市) ▽塚本学・新井喜久夫著『愛知県の歴史』(1970・山川出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の尾張国の言及

【愛知[県]】より

…東西約106km,南北約94kmで,知多・渥美両半島の突出によりカニの甲羅状を呈する。
[沿革]
 明治以前,愛知県は境川より東の三河国と西の尾張国からなっていた。近世には尾張国には親藩の尾張藩(名古屋藩)が置かれたが,三河国には吉田藩(1869年豊橋藩と改称),岡崎藩田原藩など譜代諸藩と天領,旗本領が散在した。…

※「尾張国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

尾張国の関連キーワード安芸淡路国岩代国石見石見国伯耆国安房尾張遠江十勝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尾張国の関連情報